製作事例

貼り絵にチャレンジ!

IMG_4909.JPG

2018年夏、長野県の山下清放浪美術館へ伺いました。

私が絵を描くきっかけとなったのが中学生時代にテレビで見た「裸の大将 放浪記」

思春期の私は、新聞のテレビ欄に"裸"の文字を発見。

親に隠れてこっそり見ると、おじさんの大きなおなかが出てくるだけでガッカリ。

でもその純粋なドラマに引き込まれ感動し涙しました。

この時、自分も絵を描いてみようと素直に思いました。

絵が得意じゃなかったけれど、先生の似顔絵を描いて友達に見せると大喜び。

その絵は、隣の席へまた隣の席へまわって喜びが膨らんでいきました。

これが嬉しくて嬉しくていろんな先生の似顔絵を描きました。

これが私が絵を描くきっかけです。

本当は絵が好きというより、喜んでもらうのが好きなんです。

そこに自分の描いた絵があるというのが本当のところです。

話は戻り、美術館で見た山下清さんの貼り絵を見て自分もやりたいと直感。

館長さんに制作方法を聞くと時間を忘れてお教えくださいました。

早速、家に帰ってちびまる子ちゃんの制作に。

教えていただいたことを頭に描き、3時間かけて完成(ハガキサイズ)。

未来に向けて一歩踏み出したような達成感を感じています。

第一作目を記録に残したいと思いここにアップさせていただきました。

page top